株主代表訴訟とは – 株主代表訴訟

サマリー

ASCII.jpデジタル用語辞典 – 株主代表訴訟の用語解説 – 株主が会社に代わって取締役を相手に損害賠償を求める訴訟。取締役が違法行為を行ったり、著しい判断ミスで会社に損害を与えたにもかかわらず、会社がその責任を追及しなかった際、6カ月以上株式を保有している株主であれば誰でも

株主代表訴訟(かぶぬしだいひょうそしょう)とは、日本の株式会社において、株主が会社を代表して取締役・監査役等の役員等(下記参照)に対して法的責任を追及するために提起する訴訟のことである(b:会社法第847条)。 会社法では、責任追及等の訴えという。

前回は取締役が負う法的責任などについて述べましたが、今度はその法的責任が具体的に追及される場である「株主代表訴訟」について考えてみたいと思います。 株主代表訴訟って何? そもそも、取締役が違法な行為に出たことによって会社が損害を受けた場合には、会社がその取締役に対し

株主代表訴訟とは、一定の要件を満たす株主が、所定の手続を経たうえで、会社の代わりに役員その他一定の者の責任を追及する訴訟です。会社は、株主が問題としている内容を精査したうえで、対応方針を決め、必要に応じて訴訟提起、訴訟参加を検討することになります。

「株主代表訴訟」の意味は株主が会社に代わって会社のために取締役の会社に対する責任を追及する訴訟のこと。Weblio辞書では「株主代表訴訟」の意味や使い方、用例、類似表現などを解説しています。

1 株主代表訴訟とは会社に変わって株主が役員に損害賠償をするもの

株主代表訴訟とは? 株主代表訴訟とは、取締役・監査役等の会社の役員等が会社に損害を生じさせた場合等に、その責任を追及する訴訟を、会社に代わって株主が行うことをいいます(会社法第847条第3項,第5項)。これは、本来会社自身が責任を追及すべき

[PDF]

株主代表訴訟マニュアル 1 制度の概要 株主代表訴訟とは、どのような制度か。 (1)株主代表訴訟の制度趣旨 株主代表訴訟とは、会社が役員等の会社に対する責任を追及する訴えの提起を怠って

このページでは、行政書士で重要な「株主からの責任追及(株主代表訴訟・差止請求・検査役の調査)」について解説します。それぞれの概要と、具体的な要件を頭に入れましょう!重要ポイントは、太文字になっています。行政書士のテキストとしてご活用ください!

多重代表訴訟(特定責任追及の訴え)とは、平成26年会社法改正により導入された制度であり、親会社の株主が子会社役員に対して責任追及の訴えを提起することを可能とする制度です(会社法847条

[PDF]

株主代表訴訟とは、どのような制度か。 ⑴ 株主代表訴訟の制度趣 株主代表訴訟とは、株式会社が発起人、設立時取締役、設立時監査役、役員等(会 社法第423条1項に規定する役員等)若しくは清算人(以下、本マニュアルにおい て「取締役等」という。

過去の株主代表訴訟. 過去に起きた株主代表訴訟の事例として有名なのは、東電の株主代表訴訟です。 原発事故の責任追及として5兆5,045億円の損害賠償請求が行われ、国内の訴訟では過去最高の請求額に

[PDF]

る株主代表訴訟が東京地方裁判所(令和元年(ワ)第. 11335. 号)に提起され、当社は2019年5月 22日にその訴訟告知を受けましたので、会社法第849条第5項の規定に基づき公告いたします。」 5.業績に

株主代表訴訟
[PDF]

Q2 株主代表訴訟は、通常の損害賠償請求訴訟と、どこが違うのですか。 .. 1 Q3 今までに起こされた株主代表訴訟には、どのような事案があるのですか。 . 1 Q4 株主代表訴訟を提起するに当たり、株式の保有期間や保有株式数の制限があ

そこで,2016(平成28)年1月,東芝が提起した訴訟に共同訴訟参加するとともに,同年5月,上記9名を含む11名の現旧役員に対して,東京地裁に株主代表訴訟を提起した。 この株主代表訴訟では,以下の各案件について現旧役員の責任を問う訴訟を行っている。

Ⅰ はじめに
[PDF]

1 「株主代表訴訟」とは「責任追及等の訴え」(法第847条)のうち株主が提起する訴えの通称である。本対 応指針では、株主が原告となる場合には「株主代表訴訟」という用語を用い、原告となる会社を監査役が代表す

キーワード: 株主代表訴訟 ( かぶぬしだいひょうそしょう ) 責任追及等の訴え ( せきにんついきゅうとうのうったえ ) 企業で不祥事が起こると、株主代表訴訟という言葉が新聞などで話題になることがありますが、どういう訴訟かご存知ですか。 株主代表訴訟とは、簡単にいうと、株主

行政からの「課徴金」や「罰金」の支払いに絡む株主代表訴訟が増えています。原告である株主は課徴金や罰金の支払いをすること自体が会社の損害だと主張し、その補てんを違法行為を抑止できなかった会社役員に求めます。

賠償額が数百億円の判例もある、株主代表訴訟や取引先からの訴訟。高額になる理由とは?また訴訟を起こされたときに経営陣はどう対応すべきかも考えてみましょう。

訴訟のリスクが増える改正会社法に注意
株主代表訴訟度の趣旨
[PDF]

ける株主代表訴訟の濫用防止策の現状を明らかにすることを目的とする。 2.では、まず、アメリカにおいて株主代表訴訟の濫用防止策が対処し ようとする「株主代表訴訟の濫用」の中身を整理する。そこ

親会社株主から見た多重株主代表訴訟 弁護士 岡本 仁志 第1 多重株主代表訴訟の問題 1 はじめに 株主は、株式会社の取締役に善管注意義務違反などの任務違背行為があり会社に損害を生じさせた場合、その責任を追及するため株主代表訴訟を起こすことができる。

Nov 01, 2019 · 株主主権によるコーポレートガバナンスといえば、これまで株主代表訴訟の活用事例が「代名詞」のように話題になりましたが、最近はそれほど新聞紙上を賑わすような事例も見当たらないような気がします。旬刊商事法務2138号(7月5日号)によりますと、平成28年の株主代表訴訟の新受件

[PDF]

株主代表訴訟における監査役の役割 獨協大学 法学部教授 高橋 均 株主代表訴訟が提起され、会社役員 ※1(株主代表 訴訟の対象となる役員は取締役が多いことから、以 下、「取締役」)に対して多額の損害賠償の支払義務が

株主代表訴訟における和解について 弁護士 杉村元章 第1 はじめに 和解は訴訟の終了原因の一つであり、株主代表訴訟においても和解により訴訟は終了する。和解による解決は、一般的に、請求の趣旨についてのみ認容・棄却の判断がなされる本案判決と対照的に、柔軟な事案解決を可能とする

株主代表訴訟は株主が会社に代わって取締役に対して会社が被った損害の賠償を請求する制度です。また、平成26年の会社法改正によって、一定の要件を満たす親会社(最終完全親会社)は子会社に対し株主代表訴訟(多重株主代表訴訟)を提起できることになりました。

株主代表訴訟の提起前に株式交換等が行われた場合にも、株式交換等の効力発生日までにその原因となった事実が生じたものに係る責任追及等の訴えに限り、その提起を請求することができることとなりま

株主代表訴訟は株主が会社に代わって取締役に対して会社が被った損害の賠償を請求する制度です。また、平成26年の会社法改正によって、一定の要件を満たす親会社(最終完全親会社)は子会社に対し株主代表訴訟(多重株主代表訴訟)を提起できることになりました。

あずさが2011年のオリンパス問題で株主代表訴訟を起こされています 2019/7/26には第一回口頭弁論が行われたので傍聴してき

株主代表訴訟における和解について 弁護士 杉村元章 第1 はじめに 和解は訴訟の終了原因の一つであり、株主代表訴訟においても和解により訴訟は終了する。和解による解決は、一般的に、請求の趣旨についてのみ認容・棄却の判断がなされる本案判決と対照的に、柔軟な事案解決を可能とする

[PDF]

最高裁が取引債務も株主代表訴訟の対象に含まれるとの判断を示し、議論は新たな段 階に入った。 本稿では、この平成21年最高裁判決を契機として、株主代表訴訟によって追及する ことができる責任の範囲について改めて検討を加えるものである。

2 株主代表訴訟等の提起. 当弁護団は、株主からの委任を受け、オリンパスに対して、取締役らの責任を追及するよう提訴請求を行い、さらに監査役及び会計監査人らに対しても責任追及の訴えを提訴するよう提訴請求書を追加した。

代表訴訟趣旨・要件・判決効取締役の責任追求の請求の相手方株主代表訴訟を提起するためには、まず、会社に対して、当該取締役の責任を追求するよう請求する必要がある(847条1項・3項)。この際、会社を代表する機関は監査役(386条2項1号)である

[PDF]

神戸市外国語大学 学術情報リポジトリ 株主代表訴訟に関する最近の判決例とその検討 著者 栗山 修 雑誌名 神戸外大論叢

[PDF]

――ダスキン株主代表訴訟判決を題材として 弁護士/日本CSR普及協会・環境法専門委員会委員 伊藤茂孝 ITO Shigetaka 「自社が取り扱う食品に違法な成分が混入していることが判明!」すわ一大事である。このような場合、 企業はどう対応すべきであろうか。

シェアハウスを巡る投資トラブルで、スルガ銀行から資金を借りていた物件所有者の代理人弁護団は18日、有国三知男社長に565億円の損害賠償を

株主代表訴訟とは株主が会社を代表して会社役員に訴訟を起こす制度である。 日本の株主代表訴訟制度は、戦後アメリカの制度をモデルが導入されたが、訴訟手数料が訴額に応じた負担(高額)であったため、ほとんど利用されていなかった。

従来の株主代表訴訟に加え、親会社の株主を保護する目的で2015年5月施行の改正会社法により新たに創設された。 訴訟対象は親会社が100%株式を出資し、かつその子会社が親会社の総資産の5分の1以上を占める子会社。親会社の発行済株式の1%以上を6ヵ月

最近では、家電メーカー大手の東芝株式会社の元経営陣に対して同社の株主が株主代表訴訟を提起したことが大きなニュースとなりました。 また

株主代表訴訟の係属中に貴社が株式交換を行ったとしても、原告が貴社の完全親会社の株式を取得したときは、引き続きその株主代表訴訟の原告の地位に留まることができます。 したがって、その場合には、株主代表訴訟の帰趨に影響を与えることはありません。

[PDF]

平成24 年5 月25 日. 独占禁止法違反行為と株主代表訴訟リスク . のぞみ総合法律事務所. 弁護士(元公正取引委員会審査専門官主査) 大東泰雄. 1 はじめに . 会社法上,取締役が「その任務を怠ったとき」は,株式会社に対し,これ

株主代表訴訟とは、ある株主が全株主を代表する形で、会社に代わって取締役の責任追及を行う制度です。監査役は、株主からの提訴請求に対して、60日間で調査し、結論を出さなければなりません。提訴請求、調査、調査結果の判断、訴訟提起の是非などの監査役が行うべき業務について解説

[PDF]

訴訟については別の機会で論じることとし、本稿では株主代表訴訟についてその事例と対策につい て解説する。 2.増えている株主代表訴訟 公表されている資料によれば、1993年の商法改正で急増した株主代表訴訟件数は、司法判断の基

kybの免振・制振装置性能記録データ改竄、積水ハウス詐欺事件、スルガ銀行不正融資問題など、企業の不正問題で、社長をはじめとした会社の役員に株主代表訴訟を起こされるケースが増えています。賠償額が高額になり、過去の判例では数十億~数百億という事例も存在します。

東芝が旧3社長を提訴へ。株主代表訴訟を避け、自ら提訴するという判断のようです。東芝のケースを例に、株主代表訴訟の内容を会社法に基づきまとめてみました。上場会社のサラリーマン社長にとって、株主代表訴訟は究極の選択を迫られる、恐怖の制度となっています。

株主代表訴訟とは、会社が取締役の会社に対する責任を追及しない場合に、株主自身が会社のために取締役の責任を追及する訴訟をいい、その訴訟による損害賠償等の効果は会社に帰属するものをいいます。

監査役のための調査研究団体。s49年設立。6,140社8,244名の監査役がメンバー(平成20年8月末現在)。監査実務方針も策定する。

【弁護士ドットコム】「株主訴訟」には、「このような株価では当然丸損なので、株主代表訴訟を起こして99%分を取り返したいと思うのですが

急増する株主代表訴訟: 株主代表訴訟とは、会社役員が経営判断ミス等により会社に損失を与えた場合に株主(原告)が会社に代わって取締役(被告)に対する損害賠償請求を提訴するものです。

Mar 19, 2019 · シェアハウス向けなどの融資で多くの不正が明らかになった静岡県沼津市のスルガ銀行の一連の問題をめぐり、みずからも融資を受けた株主が「適切な対応措置を講じず会社に損害を与えた」などとして、社長に対し、565億円あまりを会社に支払うよう求める株主代表訴訟を静岡地方裁判所に

そこで,改正会社法では多重代表訴訟制度が新設されることとなりました。改正会社法は,多重代表訴訟について,通常の株主代表訴訟とは異なる規律を設けており,今回はその中でも重要な2点についてご紹介します。 ① 原告側の条件

株主代表訴訟は役員の責任追及について、株主自ら会社のために取締役に対する会社の権利を行使する訴訟である。取締役の責任追及は本来会社が行なうものだが、会社が責任追及を怠る事態が考えられるので、株主が会社

[PDF]

訴訟が提起される段階で適正な株主代表訴訟を選別することが重要な課題 となる。各国の会社法制は,株主代表訴訟の提訴株主の訴訟追行が「会社 の最善の利益」に合致する場合のみに株主代表訴訟の原告適格を限定する。

仮にかんぽ生命の経営陣に対して株主代表訴訟の結果、損害賠償命令が出たとして個人株主に対して何らかの賠償はあるのでしょうか? 株、その会社の経営を応援している意味で株主なのですから、いわば身内ではないでしょうか。利

[PDF]

さらに、通常の株主代表訴訟においては、保有株式数による制限はありませんが、多重代表訴訟においては、「最 終完全親会社等」の株主は、「最終完全親会社等」の総株主の議決権の100 分の1 以上の議決権[5]又は「最終完全

会社は役員等に対して損害賠償請求権等を有しており、個々の株主に認められた、役員等に対する責任追及等の訴えを株主代表訴訟という。 提訴請求ができるのは、6カ月前から引き続き株式を有する株主であり、提訴請求によって、会社は、自ら訴えを提起する機会を与えられる。