光剛 小説 – 光剛っぽい小説|恋愛小説|岡本 薫

毎週日曜0時start *+光剛劇場+* 【j禁ktオンリィ】 ※無断転載・無断転送禁止 3307064 人気急上昇中!

★6位★ [in*3][out*3] 茶庵 車魚。のんびりとお話を更新中。長いのと短いのと。

光剛ラブラブ小説 (表) 著:ムー ジャンル:純文学・シリアス 「剛、もう我慢できひん。今日こそはやるで。」 剛の肩を掴み光一は真剣な目で訴える。 「なんやねん、」 「入れさせて」 「嫌や」 「なんでや

Feb 01, 2015 · ポンポンと光一は戻ってきた剛に自分の傍らを指し示した。剛は黙ってバスローブを脱ぎ落とし、光一の隣にもぐりこんだ。その胸元に光一が甘えるように顔を寄せてくる。 「なんだか子供みたいやね」 剛はその頭を抱きしめてやりながら、言った。

光「(チャックを下げて、剛自身を取り出す)」 剛「ひっぁあっんぅ////」 光「(自身の根元をぎゅっと掴み、更にペンの出し入れを激しくする)」

BL / 光剛 / KinKi / J禁 / KT. こちらは(某関西unit中心)のJ禁・P禁のナマモノBL小説をUPしています。 あくまでも個人の妄想の世界ですので、ご理解のない方、内容に嫌いがある方は閲覧をご遠慮下さいませm(_ _)m 再開致しました。 ぼちぼち更新予定です(*^o^*)

光一が座っている剛の前に立った。そして剛のジッパーをそっと押した。 「ダ ダメやって 景色見てろ 」 「フッ いつもと反対やね あ、剛縮まってるわ そんなに、恐いんか?」 光一はジッパーを開けて剛を確かめると、クスッと笑った

小説というよりは光ちゃんの語りです。 おまじない: 2002/09/20: なんとな~く書き始めて出来上がったものです。ちょっと弱気な剛さんが書きたかっただけかも(笑) 無防備な心: 20002/09/30

book 著: ジャンル:その他 麻美様からいただいたリク小説です。サラリーマンパラレルは、もう、この設定しかない!と書き始めました。長くなりそうなので、シリーズにしようかな

最近剛はやたらと甘えてくる嫌じゃないしそれで剛が安定しているならそれでいい長瀬がゲストの番組にvtr出演した「blと言われている」その事について否定も肯定もあ

Apr 16, 2016 · The novel “甘えん坊の光一君” includes tags such as “光一”, “kinki” and more. 今日はお互い違う場所からブンブブーンへ向かった 今日の光一は何時もと変な様子だった 今日は光一からやたらと名前を読んでくれる 問題は最後の飲みにあった ちょっと風邪気味だった光一は何時も見たく何時もの調

「光ちゃん」 無言で剛をその場に押し倒し、着ていたシャツを引き千切った。 剛は何も抵抗せず、俺の激しい愛撫に応えてくれる。 柔らかな胸を痛い位に揉んだのに、剛の熱を乱暴に扱いたのに。

けれど3日経ち、一週間が経って、光一の身体は回復した。自分でフロにも入り始めた。元気なのに剛に甘えられない。本来甘えん坊は剛なのだ。人なつっこい瞳をクルクルさせて、相手にイヤと言わせない。剛の願いなら何でもかなえてやりたくなる。

#pixiv #Japan #51244 – 272 novels found. Find more works related to #serious and #promo

こちら、BL小説!!!今回の話はかなり危険性が高いために、以下の者は見ないことをオススメする.. ♪J禁P禁って何? ♪ktじゃないとだめ

某サイトさんでハンドルネーム変えて連載していた、ヤクザな剛さんのお話です。 光ちゃんは一般人のパラレルな設定。 途中痛いシーンありますが、ハッピーエンドです(^-^) h有り: 永遠のbloods(ただいま

このページは主に『剛光』を、 取り扱っております。 この時点で意味がわからない、 興味がないという方は直ちにお帰り下さい。 それではごゆっくりどうぞ。—–『heaven』 7『【怖】というもの』04-02-29 『heaven』 6【微妙な2人】04-02-23

Feb 01, 2015 · 剛にまで、わかってしまうのではないかと思った。 でも何気に、剛の胸に置いた手から伝わってくる鼓動も、自分と同じように早くて。 緊張しているのはお互いさまだとわかって、少しだけ気が楽になった。

剛は答えず、代わりに俺の体をもっと強く抱きしめた。 何かを怖がってた。 イタ電だけやないって、 剛を怯えさせてるのはイタ電だけちゃうって、分かった。 今、分かった。 ・・・・今気付いたって、遅

ΦKinKi Kids小説Φ あの時お前を引き止めておけば良かったんだ。 もう2人の時間は 一生戻らない。

Δスワンソング 甘口/初作品。作者がJ婚dvdを見て思ったこと。 Δ君の中の俺 甘口/堂本兄弟の楽屋にて。 Δ幸せな日常 甘口/長ちゃん初登場。 Δkの憂鬱 ほぼ51さんの独り言。

剛は咳き込みながらも腹を抱えて爆笑している。 ただ呆然と笑い転げる剛を見ていると、急に起き上がった剛が俺にキスしてきた。 そして子悪魔な笑みを浮かべて言う。 「・・・ゴホッ・・・俺が誘ったん

剛は剛なりに悩んでいたのだと、思った。 俺が気づかない間に。 そしてこんなにも剛にとって自分が大切な存在だったのだと、改めて実感した。 それがすごく嬉しかった。 後半は震える声で言う剛に光ちゃんは切なさ耐えるように目を細めた。

車魚 / 51244 / kt / 光剛. 某関西二人組アイドルの小説置き場 車×魚 魚×車 甘いのや切ないの、裏など順次増やしていきます。 お時間ありましたらどうぞお入りください。

―ピピッ― 剛「37度8分!下がっとる!」 光「俺のおかげだな。」 剛「かもな!」 光一が作ったお粥らしきもののおかげで熱が下がったと思われる。

KT甘口物語中心です。 裏・逆転(TK)には表記します。 いずれもゆるいものには 表記しないのでご注意を。 old ↑ ↓ new

ss(小説) *光剛なss置き場です。甘々からハードまで有ります。 の数で、h度が分かります。最高5つです。

帽子を被り いつもより重く感じるドアを開け、強い光の中に足を進めた。 「今日だけ乗り切ればまたしばらく剛にあわんし よけいな心配かけさせんですむ・・・頼むからもってくれよ~」 部屋を出る直前光一がボソボソ呟く。 そして最悪の一日が始まった。

CPは光剛です。シリアス甘。ハッピーエンド主義なので最後は甘くなります。長瀬も登場!(完) 誘惑~snare~ 頂き物です。紅葉様いつもありがとう。このCPはガク光となっております

「ちょおヤバイかもやわ。真っ直ぐ歩かれへん」 カウントダウンコンサートの終了直後だ。 これから恒例になっている神社への参拝に行く面々が集まっている中、ふいに剛の声が聞こえた様な気がした。

光剛っぽい小説を色々と連載しようと思います