疑惑の判定 女子ダブルス決勝 – 誤審疑惑で日本協会が抗議 ビデオ判定導入を要望/卓球

世界選手権・女子ダブルス決勝で伊藤美誠と早田ひなペアが中国ペアに敗れた。審判の「疑惑の判定」が波紋を呼び、国際卓球連盟がそのシーン

みまひな“疑惑の判定”納得できず「ビデオも見てくれなかった」/卓球 女子ダブルスで準優勝し、銀メダルを手にする伊藤(右)、早田組

【ブダペスト=共同】世界選手権個人戦女子ダブルス決勝は28日、当地で行われ、伊藤美誠(スターツ)早田ひな(日本生命)組は中国ペアに2-4

加藤浩次 卓球みまひなの“疑惑の判定”に不満「勝った側も嫌でしょう」 28日に卓球の世界選手権個人戦・女子ダブルス決勝の“疑惑の判定

卓球の世界選手権・女子ダブルス決勝に、伊藤美誠&早田ひなペアが出場。2ゲーム連取したが、早田のサーブを巡る「疑惑の判定」もあり、2-4

クリックして表示8:39

Apr 30, 2019 · 卓球誤審みまひなペア「これはどうみても」”疑惑の判定”世界選手権、女子ダブルス決勝【スポーツ】【ニュース

著者: みんなで読もうよ!【ニュース】

Apr 29, 2019 · 今回行われたみまひなペアの女子ダブルスの世界卓球決勝戦。 10-10から中国人ペアがミスしたと思いきやまさかの誤審判定が出ました。 この記事では. みまひなペアの決勝で誤審をした審判の国籍. みまひなペアの決勝で誤審をした審判の名前

今回、世界卓球の女子ダブルス決勝で伊藤美誠選手と早田ひな選手ペアは. 中国人ペアである孫穎莎と王曼イクペアに破れ銀メダルとなりました。 しかし、この試合には疑惑の判定・誤審がありました。 その誤審試合の概要がこちらです。

クリックして Bing でレビューする11:03

May 02, 2019 · 世界卓球女子ダブルス決勝、疑惑の判定【NET TV ニュース】2019/05/02 JRPtelevision. 【インタビュー】女子ダブルス決勝 伊藤美誠/早田ひな

著者: JRPtelevision

Apr 25, 2019 · 世界卓球2019 女子ダブルス準々決勝 早田 ひな/伊藤 美誠vsチャ ヒョシム/キム ナムヘ

ハンガリー・ブダペストで28日に行われた卓球の世界選手権個人戦の女子ダブルス決勝。日本選手同士のペアとして52年ぶりの世界一を目指した

卓球女子の伊藤美誠(18)=スターツ=が29日、自身のインスタグラムを更新。早田ひな(18)=日本生命=と組んだ女子ダブルス決勝で“疑惑の判定”に泣いたことに心境を明かした。

Apr 28, 2019 · 世界卓球2019 女子ダブルス決勝 伊藤美誠 早田ひなvs 孫穎莎 王曼ユ意図的な世紀の大誤審 【はやたひな・平野美宇・伊藤美誠・卓球tリーグ

28日に行なわれた卓球世界選手権の女子ダブルス決勝で、伊藤美誠・早田ひなペアは孫穎莎・王曼ユペアに逆転負けした。第5ゲームで、中国系の審判が早田のサービスエースを「ネット」とジャッジし、得点が無効になる場面があった。2人は抗議したが受け入れられず、会場からはブーイング

世界選手権卓球決勝みまひなの試合で審判が誤審! 女子ダブルス決勝で伊藤美誠(18=スターツ)早田ひな(18=日本生命)組が2-4で強豪中国の孫穎莎、王曼 ペアに敗れ、日本人同士のペアでは1971年の平野美恵子、阪本礼子組以来、48年ぶりの銀メダルを獲得した。

伊藤美誠(18)=スターツ=と組んだ28日の女子ダブルス決勝では“疑惑の判定”にも泣かされ、中国ペアに屈した。 卓球の疑惑判定 日本協会

【ブダペスト(ハンガリー)=林直史】28日の卓球世界選手権個人戦女子ダブルス決勝で伊藤美誠(18)=スターツ=、早田ひな(18)=日本生命=組が判定を不服として映像の確認を求めたが受け入

今回の女子ダブルス決勝で、伊藤美誠・早田ひなペアは、日本人同士のペアで48年ぶりの銀メダルを獲得しました。 お互いが譲らない白熱した試合だったのですが、2-2で迎えた第5ゲームで「疑惑の判定」が出てしまいます。

女子ダブルスの決勝で第1シードの伊藤美誠、早田ひな組(日本)が第2シードの孫穎莎、王曼イク組(中国)に敗れ、銀メダル。日本ペアとして52年ぶりの金メダルはならなかった。 前回銅メダルの伊藤、早田は息の合ったプレーで第1ゲームを11-8で先取。

【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦の女子ダブルス決勝(28日・ブダペスト)で伊藤美誠(スターツ)早田ひな(日本生命)組が判定を不服として主審に訴えながら受け入れられなかった問題で、日本協会が藤重貞慶会長名で国際連盟(ittf)に抗議文を提出し、ビデオ判定の導入を要望

女子ダブルス決勝得点したかに見えたポイントがカウントされず抗議する伊藤(手前左)、早田組=ブダペスト(共同) 【ブダペスト共同】卓球

2019年4月に開催された世界卓球選手権大会、女子ダブルス決勝で伊藤美誠・早田ひなのペアに対する疑惑の判定が卓球ファンの中で物議を醸した。 ゲームカウント2-2で迎えた第5ゲーム、9-9から早田が放ったサーブを相手がレシーブミスしたかに思えたが

著者: Rallys

卓球の世界選手権個人戦の女子ダブルス決勝(28日、ブダペスト)で伊藤美誠(スターツ)早田ひな(日本生命)組が判定を不服として主審に

ビデオ判定導入のきっかけとなるか みまひなペアの不運. 2019年4月に行われたハンガリーのブダペストで開催された世界卓球選手権大会での疑惑の判定を覚えているだろうか。 女子ダブルス決勝、伊藤美誠・早田ひなのペアは中国の孫穎莎・王曼昱と対峙。

2ゲームを連取したが“疑惑の判定”にも泣かされた。27日の準決勝は佐藤瞳(21)、橋本帆乃香(20)=ともにミキハウス=組を4―2で下し、日本人同士のペアでは1971年大会の平野美恵子、阪本礼子組以来48年ぶりの銀メダル。

【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦の女子ダブルス決勝(28日・ブダペスト)で伊藤美誠(スターツ)早田ひな(日本生命)組が判定を

卓球の世界選手権個人戦・女子ダブルス決勝で伊藤美誠(18)=スターツ=、早田ひな(18)=日本生命=組が“疑惑の判定”に泣いたことにコメントをした。 ゲームカウント2―2の第5ゲーム。

Apr 28, 2019 · 世界卓球2019 女子ダブルス決勝 伊藤美誠/早田ひなvs王曼昱/孫穎莎

疑惑の判定も逆風 早田悔しさ [markove] 女子ダブルス決勝で得点したかに見えたポイントがカウ

【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦の女子ダブルス決勝(28日・ブダペスト)で伊藤美誠(スターツ)早田ひな(日本生命)組が判定を不服として主審に訴えながら受け入れられなかった問題で、日本協会が藤重貞慶会長名で国際連盟(ittf)に抗議文を提出し、ビデオ判定の導入を要望

誤審疑惑で日本協会が抗議 ビデオ判定導入を要望/卓球(画像1)です。 卓球の世界選手権個人戦の女子ダブルス決勝(28日、ブダペスト)で

女子ダブルス決勝で、前回17年大会銅メダルの伊藤美誠(18)=スターツ=、早田ひな(18)=日本生命=組が、孫穎莎、王曼ユ組(中国)に2-4で逆転負けし、銀メダルとなった。日本人同士のペアとして52年ぶりの金メダル獲得はならなかった。

卓球・世界選手権の女子ダブルス決勝で伊藤美誠(18)=スターツ、早田ひな(18)=日本生命=組が不満を漏らした“疑惑の判定”について

【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦の女子ダブルス決勝(28日・ブダペスト)で伊藤美誠(スターツ)早田ひな(日本生命)組が判定を

2019年7月1日から7月14日(2019年第27、28週)にロンドン(イギリス)で開催されるグランドスラム「ウィンブルドン」の決勝のプレイヤー情報、結果とスタッツ、決勝後のランキング、放送予定を見て

みまひな 銀メダル“疑惑の判定”に早田「サービスエースをほぼ取ってた」 「卓球・世界選手権」(28日、ブダペスト) 女子ダブルス決勝で、前回17年大会銅メダルの伊藤美誠(18)=スターツ=、早田ひな(18)=日本生命=組が、

【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦の女子ダブルス決勝(28日・ブダペスト)で伊藤美誠(スターツ)早田ひな(日本生命)組が判定を

【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦の女子ダブルス決勝(28日・ブダペスト)で伊藤美誠(スターツ)早田ひな(日本生命)組が判定を

【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦の女子ダブルス決勝(28日・ブダペスト)で伊藤美誠(スターツ)早田ひな(日本生命)組が判定を

【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦の女子ダブルス決勝(28日・ブダペスト)で伊藤美誠(スターツ)早田ひな(日本生命)組が判定を

1: ラッコ ★ 2019/04/29(月) 00:22:18.56 C68Q140c9.net みまひな 銀メダル“疑惑の判定”に早田「サービスエースをほぼ取ってた」 「卓球・世界選手権」(28日、ブダペスト) 女子ダブルス決勝で、前回17年大会銅メダルの伊藤美誠(18)=スターツ=、早田ひな(18)=日本生命=組が、 孫穎莎、王曼ユ組(中国)に2-4で

中国ペアとの女子ダブルス決勝に敗れ、肩を落とす伊藤(右)と早田(撮影・三須一紀) 日本協会はそれからもビデオ判定導入の必要性を

女子ダブルス決勝 得点したかに見えたポイントがカウントされず抗議する伊藤(手前左)、早田組=ブダペスト(共同) 世界卓球、誤審疑惑に抗議日本協会、ビデオ判定導入を要望

卓球ワールドカップ2019女子団体戦では、 伊藤美誠選手がエースとしてシングルス2試合 に出場していて、 石川佳純選手と平野美宇選手がダブルス1試合、シングルス1試合 ずつに出場しました。 つまり、伊藤美誠選手はダブルスには出場していません。

女子ダブルス決勝で、前回17年大会銅メダルの伊藤美誠(18)=スターツ=、早田ひな(18)=日本生命=組が、孫穎莎、王曼ユ組(中国)に2-4で逆転負けし、銀メダルとなった。

女子ダブルスの決勝で第1シードの伊藤美誠、早田ひな組(日本)が第2シードの孫穎莎、王曼イク組(中国)に敗れ、銀メダル。日本ペアとして52年ぶりの金メダルはならなかった。

Apr 28, 2019 · みまひな 銀メダル“疑惑の判定”に早田「サービスエースをほぼ取ってた」女子ダブルス決勝で、前回17年大会銅メダルの伊藤美誠(18)=スターツ=、早田ひな(18)=日本生命=組が、孫穎莎、王曼ユ組に2−4で逆転負けし、銀メダルとなった

女子ダブルス決勝で、前回17年大会銅メダルの伊藤美誠(18)=スターツ=、早田ひな(18)=日本生命=組が、孫穎莎、王曼ユ組(中国)に2-4

Apr 28, 2019 · 女子ダブルスの決勝で第1シードの伊藤美誠、早田ひな組が第2シードの孫穎莎、王曼イク組に敗れ、銀メダル・・・日本ペアとして52年ぶりの金メダルはならなかった・・・だが、第3ゲームは中国ペアの反撃にあい、8−11 headlines.yahoo.co.jp [social-button2] コメントする 元スレ:2ch.sc ※Twitter画像動画

【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦の女子ダブルス決勝(28日・ブダペスト)で伊藤美誠(スターツ)早田ひな(日本生命)組が判定を

no.7427819 2019/04/29 12:09 世界卓球・みまひな誤審疑惑に抗議、協会がビデオ判定導入要望 卓球の世界選手権個人戦の女子ダブルス決勝(28日・ブダペスト)で伊藤美誠(スターツ)早田ひな(日本生命)組が判定を不服として

女子ダブルス決勝で得点したかに見えたポイントがカウントされず抗議する伊藤(手前左)、早田組=ブダペスト(提供

卓球の世界選手権(ブダペスト)は28日、女子ダブルス決勝で伊藤美誠(スターツ)、早田ひな(日本生命)組が孫穎莎、王曼ユ組(中国)に2-4で逆転負け、銀メダルとなり、日本人同士のペアとして52年ぶりの金メダル獲得はならなかったが、波紋を呼んだのは第5ゲームの”疑惑の判定”だ。

女子ダブルス決勝で、前回17年大会銅メダルの伊藤美誠(18)=スターツ=、早田ひな(18)=日本生命=組が、孫穎莎、王曼ユ組(中国)に2-4

日本女子ダブルス52年ぶりの金メダルとはいきませんでしたが 48年ぶりの銀メダル という快挙を成し遂げてくれました! また、準決勝で対戦した橋本・佐藤のペアも初出場・初メダルと日本の若手は急激に力をつけています。

女子ダブルス決勝 疑惑の判定から逆転. 同世代の中国最強ペアの底力に屈したが、 “ 疑惑の判定 ”も逆風となったようです。 2ゲーム連取した後2-2と追いつかれ、迎えた第5ゲーム。 9-9の勝負所で、早田のサービスエースが決まったかと思いきや、

先月の世界選手権で48年ぶりに女子ダブルスで銀メダルを獲得した18歳に、疑惑の判定について聞いた。 だが、決勝では疑惑の判定が物議を

女子ダブルスの決勝で第1シードの伊藤美誠、早田ひな組(日本)が第2シードの孫穎莎、王曼イク組(中国)に敗れ、銀メダル。 日本ペアとして52年ぶりの金メダルはならなかった。 9-9と競り合う展開となったが、ここで疑惑の判定が生じた。

2019年4月28日(日)、卓球の世界選手権、女子ダブルスの決勝戦がブダペストで行われました。この試合でまさかの誤審判定が。日本卓球協会は抗議文を送付するまでに発展しています。気になる試合の動画を含めて紹介していきます。

Apr 28, 2019 · 卓球の世界選手権に女子ダブルスで出場した 伊藤美誠さんと早田ひなさんペア、通称みまひなペアが決勝で中国に敗れ、金メダルを逃してしまいました。. 卓球王国の中国が相手ですから、一筋縄ではいかないのは誰もが分かっていることですが、みまひなペアはダブルスでは世界ランク1位です!